レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック 術後の不安・・・その2



スポンサードリンク

レーシック 術後の不安・・・その2

レーシック手術は乱視や近視といった角膜の屈折異常に対する矯正法です。
日本ではやっと一般的になってきたところですが、
本場のアメリカではクリスマスプレゼントにレーシック手術をおねだりするほど
日常的に施術が行われているそうですから驚きです。

日本においては2000年に認可されています。
さすがに本場アメリカと比べるとまだまだ症例は少ないですが、
その知名度は徐々に高まってきていて、体験者も増え、
今後、レーシック手術を受ける人はどんどん増えていくのではないでしょうか。

そんなレーシックの手術ですが、術後の変化に対する様々な不安を持っている人も
多いようで、手術を受けるのを躊躇してしまう方も結構多いそうです。
そこで術後に考えられる不安点を、いくつか挙げてみたいと思います。

レーシックの手術を受けた人の中で術後再び視力が低下してしまうことがあるようです。
せっかくレーシックで視力が戻ったとしても、近いところばかりを見続けたり、
施術前の近視や乱視の度合いがあまりにも強かった場合には
術後に視力が低下してしまう可能性があるということです。

大きく視力が低下してしまったような場合ですと、再手術も考えられます。
レーシック手術をするクリニックでは、大抵のところで術後の数年間は
無料で再手術を受け付けているようですので
クリニックに確認してみるとよいと思います。

ただレーシックの再手術も可能な場合と不可能な場合があり、
角膜の状態によっては受けられないこともあるようです。
レーシック手術では角膜を削って視力を回復させるため、
「角膜をもうそれ以上削ることができない。」と診察で判断された場合には、
たとえ視力が低下していても再手術は受けることができません。

たいていの場合は視力は回復するのですが、
視力が低下することもあるということを納得して、
手術を決断するようにしましょう。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック 術後の不安・・・その2