レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック 術後の不安・・・その3



スポンサードリンク

レーシック 術後の不安・・・その3

レーシックの手術に関して、手術後それまで悩みの種だった
「視力」が回復するという期待を持ちながらも、大切な目に関わることなだけに、
様々な後遺症などの不安を持たれる場合が多いのではないかと思われます。

そこで、レーシックの術後にクリニックに対して多い質問をここでまとめてみました。

レーシックの術後、紫外線を目に受けることによって、
目に異常が起こることはあるのか?という疑問を感じる方がいらっしゃるようです。
これはレーシックの手術を「受ける・受けない」とはあまり関係なく、
あまりにも強い紫外線を裸眼で受けることは、
どんな人にとっても、目にあまり良いこととはいえません。
夏場の紫外線の強い時期や紫外線の照り返しのある
スキー場のような場所に行くときには、
紫外線をカットする効果のあるサングラスを
必ず使用して、目をしっかりと護るようにした方がよいです。

レーシックの手術を受けても、残念ながら視力の回復が思わしくなくて、
メガネを必要とする方もいます。
ですが術後1ヶ月程度経過するまでは視力が変化していくために
メガネを作るのに正確な視力を測定することはできないのです。
手術後にメガネがないと手元が見にくいような場合ももちろんあると思いますが、
そんなときのためにクリニックで既成品のメガネを貸出している場合もあるようです。
こういった場合は担当の医師などに相談してみるとよいでしょう。

きちんとしたメガネを処方するのはレーシックの術後1ヶ月以上経ってから。
それまでは我慢してください。

またレーシックの術後にそれまでよりも目の乾燥が気になる方もいらっしゃいます。
これは「ドライアイ」と呼ばれていますが、手術時に角膜内部の知覚神経が
切断されてしまうことで涙の分泌量が減るために起こる症状なのです。
神経が切断されると聞くとちょっと驚いてしまいますが、
3ヶ月程度も経過すれば、切断された神経は再生されるので心配ありません。
術前からドライアイの傾向があった方の場合には
視力回復の治療で改善することもあるということなのですね。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック 術後の不安・・・その3