レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックに関する裁判って



スポンサードリンク

レーシックに関する裁判って

近ごろ、急速に需要が高まってきたレーシック手術ですが、
現在のように幅広く認知される前は、それなりに問題もあったようです。
そういった問題も解決されてきて今があるのですが・・・

以前は近視治療に関しては専門知識を持つ眼科医の間でも賛否両論あり、
問題を唱える医師も決して少なくはなかったそうです。
レーシックではないですが、レーシックによる手術が行われる以前、
近視矯正のための手術として採用されていた「RK手術」に関しては、
過去に手術を受けた患者が術後の後遺症を理由として
担当医師やそのクリニックを相手取って裁判になった事例も数件あります。

1991年、近視がひどくて、仕事の際にもメガネを使うことに
不便を感じていたAさん(原告)は近視矯正術に関心を持ってい、
後に被告となった担当医師の勤務するクリニックに相談してみました。

そこで一度近視の状態を計る為の検査を受けてみては?と勧められて、
その検査後にクリニックの医師からカウンセリングを受けました。
そこで「RK手術」が近視矯正において大変有用な手術であること、
危険性は全くないこと、予約が先々まで詰まっているが、
たまたま今日キャンセルが出た為、今日であれば手術を受けられる・・・など、
その場で決断を促されてAさんも「近視が治るなら」と
これを承諾しその場で当日に手術を受けます。

手術後、乱視がひどくなるなどの症状が出てしまったAさんは、
以降2度に渡って再手術を受けますが、改善されるどころかさらに後遺症が悪化。
クリニックや担当医師を相手取り、1千万円の損害賠償を請求する裁判を起こされました。

1998年に下された裁判の判決では、担当医師に対して
損害賠償の請求が認められ原告側が勝訴となっています。

手術の内容や近視矯正の手術後に起こる後遺症に対する
説明などをしないままに手術を勧めたことに対し、
「説明義務違反」が認められたかたちです。

この裁判は「RK手術」に関する裁判であり、レーシックではありません。
レーシック手術においては大きな問題となるような裁判事例は
今のところはないようですので、まずは心配する必要はないでしょう。

しかし、いいことばかりを並べ立てて、
術後の後遺症などについての説明をしないクリニックは
やはり信頼しない方が良いといえるのかもしれません。

大切な目ですから、信頼できる医師にお願いしたいですよね。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックに関する裁判って