レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックに関する裁判って(その2)



スポンサードリンク

レーシックに関する裁判って(その2)

この日本においてエキシマレーザーによる、「角膜の屈折異常の矯正術」である
レーシック手術が認められたのは2000年です。
それまでの近視矯正においては「RK手術」などが主流となっていましたが、
これには専門医の間でもいろいろと問題視する声もありました。
またレーシック手術が始まったころにおいても医師の技量不足や
知識不足から手術の際にさまざまな問題が発生し、
ひどいときは裁判まで発展してしまったという事例もあったようですね。

では、過去のレーシック手術に関連して起こった裁判の事例には
いったいどのようなものがあるのでしょうか。
少し紹介したいと思います。

日本においてレーシック手術が始まったのは2000年頃ですが、
このころ大阪地裁においてレーシックに関する裁判がいくつかあります。
2件紹介しますが、これらはどのような原因で裁判になってしまったのでしょうか。

まず1件目。
レーシックの手術を検討してクリニックを訪れた原告に対して、
手術を受けることに対して考えられる術後の合併症や副作用といった
「リスク」もあることをほとんど説明せず、
レーシックの手術を受けることに対してのメリットばかりをあおり立てて
手術を受けることを承諾させて手術を実施。
手術を受けた原告は術後の合併症によりレーシック手術を受ける前よりも
視力が落ちたことから賠償を求める請求を起こしたものです。

当然ですが、この裁判では医師の説明義務違反が認められる判決が下っています。
過去にこういった判例があったことから、近年レーシック手術をしているクリニックでは、
術前に必ず患者に対し手術を受けることに対して、
後遺症などのリスクを負うことをしっかりと説明した上で
患者さんの承諾を得ることを徹底しているようですね。

もう1件は、1件目と同じく術前に十分な説明をしなかったことと、
さらにひどいことに執刀を担当した医師の技量不足により、
フラップを作ることに失敗してしまったというものです。
また手術中に当然行われるべき「目の消毒」や「洗浄」も行わなかったことから、
患者の角膜に異物が混入してしまって角膜が濁る結果となり、
フラップの失敗によって不正乱視も起こるという、
最悪の複数の後遺症を残す結果となってしまったという事例です。

もちろん近年のレーシックの技術レベルは進化しており、
こういった事例が起こることはまず考えられませんが、
レーシックが導入されたばかりの頃にはいろいろと問題があったようですね。

とにかく大切な目ですから、まずはしっかりと説明を受けることが大切です。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックに関する裁判って(その2)