レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック関連書籍 >  レーシックが日本を変える



スポンサードリンク

レーシックが日本を変える

レーシックが日本を変えるレーシックが日本を変える
¥1,260円(税込)送料別 カード利用可

近視矯正治療の知識と実際 著者:渥美一成出版社:中部経済新聞社サイズ:単行本ページ数:181p発行年月:2003年09月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 レーシックとは何か/第2章 よいレーシックを受けるために/第3章 視力矯正とレーシック手術の実際/第4章 手術後の見え方と合併症/第5章 その他の近視矯正法/第6章 併発症に対する近視矯正/第7章 レーシック体験者からのメッセージ/第8章 これからの近視矯正手術を考える【著者情報】(「BOOK」データベースより)渥美一成(アツミカズナリ)セントラル・アイ・クリニック院長。昭和55(1980)年、愛知医科大学医学部卒。愛知医科大学講師、総合上飯田第一病院眼科部長を経て、平成12年から現職。医学博士、眼科専門医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック関連書籍 >  レーシックが日本を変える