レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックに関するデメリット(その1)



スポンサードリンク

レーシックに関するデメリット(その1)

レーシック手術は視力の低下に悩む方や、長年度が強い近視や乱視で、
仕事や生活で不自由を感じてきた人にとっては
まさに願ってもない矯正術のように感じられるのではないでしょうか?

実際に本場のアメリカでは日本とは比較にならないほどの多くの症例があり、
多くの人がレーシックによって視力を再び取りもどしているのです。
そして、それは日本においても同様のことです。

症例こそまだ少ないですが、レーシックによってクリアな視界を取りもどし、
新たな喜びを得た人は多く、有名人やスポーツ選手の中にも
レーシック手術を受けている人は意外と多いようです。

ですがレーシック手術は万能な視力回復法ではないということも
しっかりと認識しておく必要があります。
どんなことにおいてもそうですが、レーシックにおいても
メリットも多ければ、その反面デメリットというものも存在するのです。

では、レーシックにおけるデメリットには
いったいどのようなものがあるのか挙げてみたいと思います。

まずデメリットというかリスクとして挙げられるものに、
レーシック手術を受けても思うように視力が回復しないことがあるということです。
レーシック手術によって得られる効果は、患者さんの眼の状態などで、
個々に違いがある為に手術の結果が必ずしも同じということはありません。

どの程度回復できるか?ということは、
手術前にはある程度はわかるのですが、その範囲にも限りがあります。
簡単にいうと手術してみないと効果のほどはわからないというのが現状のようです。

こういったレーシックにおけるデメリットについては、
クリニックで担当医からあらかじめ説明されるますが、
考えられるリスクを理解したうえで手術を受けるかどうかを決めるということは、
とても大切なことといえるでしょう。

大切な目ですから、しっかりとリスクを考えましょう。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックに関するデメリット(その1)