レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック手術で負うリスク



スポンサードリンク

レーシック手術で負うリスク

レーシック手術を受ける際には通院しているクリニックの担当医から
「十分な説明」を受けて、メリットばかりではなく、
手術によって負う「リスク」があることもしっかりと理解した上で
手術を承諾することがトラブルを避ける意味でも、
自分の身体を守る意味でもたいへん重要になってきます。

なんといっても自分の「目」ですからね。

近年はレーシック技術もめざましい発展を遂げていて、
術前の患者さんへの説明に関しても、リスクも含めて十分な説明を行い納得してもらう
「インフォームドコンセント」を徹底することが義務とされています。
これはレーシック手術のみでなく、あらゆる医療の現場においても同様です。

では、レーシック手術において患者さんが負うリスクとはどのようなものがあるのでしょう?
一番のリスクともいえることは「リグレッション」と呼ばれているもので、
レーシックの手術後に時間の経過とともに、再び視力が落ち始め、
しばらくすると近視の状態に戻ることを意味しています。

手術後に目が疲れるようなことを続けたことが原因の場合もありますが、
そうでない場合にも起こるという報告もあったりして、
現時点ではリグレッションの原因ははっきりとはわかっていないようですね。

こうしたことから術後にクリニックが定めた一定の期間内に
リグレッションが起こった場合に無料で再手術をおこなうシステムもあるおですが、
一度目の手術で角膜を削っており、再び削ることができない厚さの場合には
当然ながら再手術を受けることはできません。

近視や乱視が治るのは確かに嬉しいことですが、安易に手術を受けることなく、
こうしたリスクも十分に理解をしておくことがとても重要ですね。

マイナス面が少ないのは確かですが、
まったくのゼロというわけではないということを、
しっかりと自覚しておきましょう。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック手術で負うリスク