レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック(Lasik)手術の失敗ってあるの?



スポンサードリンク

レーシック(Lasik)手術の失敗ってあるの?

レーシック手術は視力の低下で悩んでいる人にとっては、とても画期的な治療法として
最近話題となっている視力を矯正する方法ですね。
アメリカなど海外では日常的な視力低下の治療法として一般的ですが、
日本においては、レーシックは知られてはいるけれども、
まだまだ一般的といえるほどの症例の数としては少ないのが現状です。

レーシックは近代医療において視力回復のための先進的な治療法です。
それは間違いないのですが、
そんな画期的なレーシック手術であっても「失敗が絶対にない」
とはいえないようなのです。

レーシックは目に施す治療ということで、
失敗と聞くと「失明してしまうのでは?」などと心配になる方もいるかもしれませんね。

しかしレーシック手術が実施されるようになってから今日までの間で、
手術の失敗によって失明したという報告は一例もないとのこと。
新しい治療法ではありますが、その本場といわれるアメリカでは
既に100万人以上の人がレーシックの手術を受けています。

その状況で失敗による失明がないというのですから
これは安心できるのではないでしょうか。

レーシック手術は目にメスを入れるとはいっても、
角膜の手術なので失明に至るということは通常ではまず有り得ません。
角膜に当てるレーザーも、角膜の内部までは入り込まず角膜に吸収されてしまいます。
万が一手術中に地震などの災害・トラブルが起こった場合にも
レーザーの照射が止まるようになっていて、
誤作動を起こさない仕組みになっているそうです。

ですがレーシック手術を受ける場合には、数多くの症例を見てきた、
それ相応に経験を積んだドクターに任せるのが安心であることは確かです。

そして手術前にはしっかりと確認することも大切です。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック(Lasik)手術の失敗ってあるの?