レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックの「後遺症」などについて



スポンサードリンク

レーシックの「後遺症」などについて

レーシック手術は近視や遠視、乱視でずっと苦労してきた人にとって、
視力回復のすばらしい矯正法といえます。
レーシック手術を受けたことによって視力が回復し、
長年お世話になってきたメガネやコンタクトと
やっとお別れできたという方も多いかと思われます。

レーシック手術において失敗して失明したりすることはまず有りえません。
ですが稀に後遺症が残ることが過去の症例による報告で明らかになっているようです。
このことはよく知っておくべきですよね。

では、レーシック手術を受けることで起こる後遺症とはどういったものなのでしょうか?

レーシック手術を受けることで引き起こされる「後遺症」はいくつかあります。
まずレーシック手術を受けて数ヶ月間ですが、
ある程度の明るさのある光が通常感じるよりも明るく感じられる症状があるそうです。
これを「ハロー現象」または「グレア現象」といいます。
大半の人の場合は施術後数ヶ月が経過すれば、通常の状態に戻るそうなのですが、
まれに後遺症として残るという症例があるようですね。

また明るさに関係したことで挙げていきますと、
「色の明暗の差」を感じづらくなるという症例もあるそうです。
カラーコーディネイトのような色彩に関係する仕事をしている人であれば、
レーシック手術は慎重に検討した方がいいのかもしれませんよね。
大切な商売道具である目のことですので。

その他で考えられる後遺症は、「ドクターの技量不足による乱視」、
「ドライアイ(術後数ヶ月)」、「フラップが剥がれる」といったものがあるようです。

これはクリニックを選ぶ時点でリスク値が変わってきます。
実績のあるドクターがいるクリニックを選ぶことで避けられるものではないでしょうか。

しっかりと後遺症について調べてレーシック手術を受けてくださいね。

タグ:



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックの「後遺症」などについて