レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック手術によって起こる副作用って



スポンサードリンク

レーシック手術によって起こる副作用って

副作用という言葉はやっぱり気になりますよね。
レーシック手術を受けたことによって、副作用が生じるケースがあることが報告されています。

それでは、「レーシック」によってどんな副作用が起こってくるのか?、
また、なぜそれらの副作用が起こるのか?、についてまとめてみようかと思います。

まず重度の近視の場合であって、ハードコンタクトを長年使っていたような人だと、
「視力の変動」というのが発症しやすい副作用のようです。

あと、メガネを使っていない方にとってはイメージしにくいかもしれませんが・・・
メガネのレンズを指でこすって、そのままメガネを通して光や景色などを見ると
光の輪郭がにぼやけた感じの状態に見えてくると思います。
実を言うとレーシックの手術後にこれと同様の副作用が起こることがあるのです。
この症状は「ハロ」と呼ばれていますが、これは夜に瞳孔が大きく開く人や、
重度の近視であるほど起こりやすいようです。

また、白目の結膜から内出血を起こしてしまって、赤くなる場合があります(結膜下出血)
原因は手術の際にフラップを作るために角膜を動かないように吸引することで、
その圧力がかかったことによって内出血が起こるものです。
この場合は内出血を起こしても視力に影響はなく、数日経てば自然に治っていきます。

最後に「乱視」もレーシック手術によって起こる副作用として挙げられています。
乱視が起こる原因は施術の際の「エキシマレーザー」照射がズレてしまったことです。

とにかく手術前にはしっかりと副作用についても確認することが大切ですよね。
ちゃんと納得した上で手術を受けましょう。

タグ:



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック手術によって起こる副作用って