レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックの再手術について



スポンサードリンク

レーシックの再手術について

レーシックの手術による角膜の屈折異常の矯正というものは、
通常の場合、一度だけ施術を受ければ、視力は回復するものとされています。

でも、そうでないケースもあるようですね。

もちろん基本的に1回ですが、稀に施術後も期待通りの結果が得られず、
再手術が必要となる場合もあるようです。

では、レーシックで「再手術」となるケースというのはどういった場合なのでしょうか。

レーシックで再手術となるケースは、施術の仕方が悪かったというわけではなくて、
レーシックの施術を受ける患者さんの視力の状態、そして角膜の状態によって
必要な場合が起こってくるもののようです。
レーシックはどのような手術かといいますと、
視力を回復するために「角膜を削る手術」ということになります。
フラップ」と呼ばれるフタを目に作り、できたフタを開けて
そこから角膜に向かってエキシマレーザーを照射して角膜を削ることによって、
角膜の屈折率を変化させ視力を回復させるという手術がレーシック手術の仕組みです。

ですが「近視の度合いが高い人」や「角膜が元々薄いような人」が
レーシックの手術を受けた場合には、思うように視力が回復しないことがあります。

これは角膜を削りすぎてしまうのを避ける為で、
レーシックの手術では角膜をはじめから大きく削ることはしなようにしています。
なので最初は薄めに削るということも関係するかもしれません。
そういった事情もあり、レーシックを行うクリニックの大部分では
一定の期間を定めてレーシックの再手術にでは、
無料で受付けられるシステムがあるということです。

またレーシックで再手術となった場合には、
「イントラレーシック」という、メスではなく機械でフラップを作る
新しい方法を採用しているクリニックもあるようです。

再手術のことも事前にしっかりと確認しておきましょう!



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックの再手術について