レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックと眼圧について



スポンサードリンク

レーシックと眼圧について

レーシックの手術を受けると、それ以前よりも眼圧が下がるという話しを聞いたことがあります。
果たしてそれは本当なのでしょうか?

レーシックのお話をする前に「眼圧って一体なに?」
というところからお話をしなくてはならないですかね。
「眼圧??眼の圧力ってなに??」という方が多いと思います。

眼の中には角膜や水晶体といった組織があります。
多くの人が知っていることですよね。
なんとこれらの組織には血管がないそうです。
どのようにして機能を維持するかといいますと、房水(ぼうすい)という液体が
血液の代わりに循環して機能を維持しているのです。
この房水の圧力の数値のことを「眼圧」といいます。

もっとわかりやすく物に例えましょうか。
では、ボールを想像してみて下さい。
ボールの中の空気が房水。
たくさん入っていれば眼圧が高くなるということですね。


では、レーシックのお話。

レーシックの手術によってなぜ眼圧が低くなるのでしょうか。
これはただ数値上低くなっているだけで、実際に低いのではないそうです。
これは眼圧を測定する眼圧計に原因があるようです。

眼圧は「非接触眼圧計」という測定器で計るのが一般的なのですが、
この測定器は眼に空気を当てて、角膜のへこみ具合で眼圧を計ります。

実はこれには欠点があり、角膜の厚さに測定値が左右されてしまうのです。
つまり角膜に厚みがあると眼圧が高くなり、薄いと低く測定されるということです。

レーシック手術は角膜を「削って」屈折率を変える手術なので角膜が薄くなっています。
その為に眼圧が低く測定されてしまうという結果になるのです。

もし眼圧を測定することがあった場合には、正しい数値を測定する為に
「検査前にレーシック手術を受けていること」を必ず伝えるようにしましょうね。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシックと眼圧について