レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック施術後に白内障になった場合は?



スポンサードリンク

レーシック施術後に白内障になった場合は?

眼の老化によって起こる疾患のひとつに「白内障」がありますよね。
この白内障とレーシックに関してのことです。

白内障という病気の名前はよく耳にすることがありますが、
実際にどういった疾患なのかということをご存知でしょうか?
けっこう知られていませんよね。

人の眼の中には「水晶体」というカメラでいえば「レンズ」の役割をしている部分があり、
眼から入った光が水晶体を通って網膜でピントがしっかり合うようになっているのです。
この水晶体は通常はクリアで透明ですが、様々な原因により濁ってしまうことにより、
光がうまく通過しなくなり、光がまぶしくなったり物がかすんだり、ダブって見えたりします。
こういった状態・症状を白内障といいます。

白内障の原因は様々なものがあげられるのですが、
加齢によって水晶体が黄色くなってきて濁りを併発したり、
糖尿病、アトピー、緑内障といった他の疾患からの発症が原因となったり、
服用した薬品の副作用といった場合もあるようです。

また、遺伝によるものもあるそうです。

白内障を発症すると、薬剤治療では水晶体の濁りを止めることはできないことから、
日々の生活に支障があるほどの視力の低下が起こった場合、
手術によって水晶体を眼内レンズと取替えることで視力の回復を図るのです。

白内障は、レーシックの手術を受けた人でも将来発症する可能性があるものです。
レーシックの手術を受けていると、将来白内障になった時に
「手術が受けられるのか??」
という不安を感じる方もいるようですが、
レーシック手術を受けていても白内障の手術は可能ということですので、
心配ご無用!ご安心下さい。

タグ:



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック施術後に白内障になった場合は?