レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック 術後の不安・・・その1



スポンサードリンク

レーシック 術後の不安・・・その1

レーシック手術は目に関する手術ということもあり、
手術の後で少しでも変わったことがあったりすると、とても不安を感じます。
しかし、レーシックの術後の変化の中には、誰でも感じるものであったり
術後一定期間が経てば自然とおさまっていくものもあるんです。

ここではレーシックの術後の色々な不安について、
よく挙げられているものについて、書いていきたいと思います。

レーシックの手術を受けても思ったほどの視力を得られない場合。
そういった場合にコンタクトを使用しても問題がないか不安になることもあるようです。
度の強い近視や乱視の治療の為にレーシック手術を受けたとき、
角膜を削ることで以前よりも滑らかになっているます。
そこでハードタイプのコンタクトを装用した場合に、
コンタクトが外れやすいといったことが起こることがあります。
ですがソフトタイプのコンタクトであればそういったこともなく、
通常の使用ができるということです。

またレーシックの術後に、暗いところでの光が見にくく感じることもあるようです。
この症状は術後半年くらいの間は感じる人が多いようで、よくあることのようです。
通常は徐々におさまっていく症状ですのであまり不安に感じることもないかと思いますが、
そういった症状を感じやすい方というのは、
度の強い乱視や近視の方で角膜を通常よりも多く削った場合や、
夜に瞳孔が大きく開くような方、
レーシックで近視や乱視が完全に改善しなかったような場合に多いようです。

時間が経過してもこの症状が改善されないような場合には、
レーシックの再手術を受ける、運転の時や見にくく感じる時だけに、
メガネを使うといった対処をすることもあります。

レーシックの術後に目の疲れなどを感じた場合は、
市販の目薬を使うことは、1ヶ月程度の間は使用を避けるようにします。
それを過ぎれば問題ありませんが、ただ手術を受けた眼科から
処方された目薬を使用している場合には、
市販薬を使用する前に必ず担当医師に相談する必要があります。

自分の大切な目ですから、しっかりとケアしましょう。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック 術後の不安・・・その1