レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック手術の痛みについて



スポンサードリンク

レーシック手術の痛みについて

レーシックの手術を受けようかと迷う人にとって、
不安に感じるポイントにはどのようなものがあるでしょうか。

やはり目にメスを入れたりレーザーを当てると聞けば、当然怖い気持ちが先にたちます。
「もし失敗したらどうなるのだろう・・・・・」
「見えなくなったりするのでは・・・・・」
などと心配になることも当然だと思います。
レーシックはアメリカをはじめ、国内でもとても多くの症例がありますが、
今までにレーシック手術が原因で失明をしたという報告は一例もないのです。
これってけっこう安心できませんか???
レーシックというのは角膜に施す手術であって、眼球の内部を触ることはない手術。
それで失明することは通常では考えられないということだそうです。
ですので失明の心配をされている方には「大丈夫です!」といってもいいようですね。

次に心配になることといえば手術や手術後に痛みがあるかどうかということだと思います。
目は少しゴミが入っただけでも結構痛いですよね。
ですから、手術となると痛みを想像してしまって不安に感じる人もいると思います。

レーシックの手術の際は、術前に目薬のような形の麻酔をするので、
手術中に痛みを感じることはないということです。
私の知り合いも手術中に痛みはなかったと言っていました。
ただ気持ちが悪いかもしれませんが、触られたり押されたりする感じはわかるそうです。

また手術後の痛みについては、麻酔がきれたときに、
沁みるような感じやコンタクトを入れているような異物感を感じることがあるようですが、
その度合いには個人差があるそうです。
違和感がある場合でも処方された目薬などで和らげることができますし、
1日もすれば状態は落ち着いてくるということです。

また手術の傷跡について心配な方もけっこういらっしゃるかと思います。
レーシックの手術ではフラップと呼ばれるフタを角膜を削って作るのですが、
このフラップの跡はたとえ残ったとしても、とても微細なものであって、
顕微鏡で見ないとわからない程度のものだということで、
心配する必要もないようですね。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック手術の痛みについて