レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック手術をしっかり知ろう!



スポンサードリンク

レーシック手術をしっかり知ろう!

レーシックは眼科治療において、すばらしい医療技術であることは間違いないと思います。
手術が成功すればそれまでお世話になっていたコンタクトレンズやメガネが、
なくてはいられなかったときの生活から解放されて、
視力が落ちる以前のようなクリアな視界を取り戻すことができるのですからね。

ですが、眼科でレーシック手術を受ける際に、
しっかりと知っておかなければならないことがあるのです。
レーシック手術において負う「リスク」など、
カウンセリングの際に眼科で受ける説明内容をよく把握しておくべきです。
そしてよく把握した上で、さらにレーシック手術というもについての根本的な解釈について、
誤解・勘違いをしてはいけないということが大切なのではないかと思います。

間違った認識で手術を受けないように、しっかりと納得するまで
知識を得ていきましょう。

レーシック手術を受けることによって視力が回復した人はもちろんたくさんいます。
ですがレーシックは角膜の屈折異常を矯正することにより視力の回復は望めますが、
眼の中の「組織構造」それ自体を変えるものではないのです。
なので根本的な意味で視力を回復する方法ではないということを理解しておく必要があります。

どういうことかというと、レーシックにより視力が回復したとしても、
眼の内部の状態はまだ近視や乱視、遠視のままとなっていて、
眼球自体の構造が変わっていないために、施術前に度の強い近視であった場合などには、
近視の人がかかりやすいとされる緑内障のような眼に関する病気を患う確率というものは、
通常の視力を持つ眼球構造の人よりも高いままであるということです。

当然、これらのことはレーシック手術を受けることによって起こるものではないです。
しかしレーシック手術によって「眼球の状態まで健全になるというものではない」
ということはしっかりと認識しておくべきことといえるのではないでしょうか。

こういったことも踏まえて、判断をするようにしてくださいね。
大切な目です。手術前に少しぐらい時間をかけてもいいと思います。



スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック手術について >  レーシック手術をしっかり知ろう!