レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック関連書籍 >  近視は「新技術(レーシック)」で20分で治る!



スポンサードリンク

近視は「新技術(レーシック)」で20分で治る!

近視は「新技術(レーシック)」で20分で治る!近視は「新技術(レーシック)」で20分で治る!
¥1,365円(税込)送料別 カード利用可

著者:坪田一男出版社:サンマーク出版サイズ:単行本ページ数:223p発行年月:2000年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)『おはよう日本』(NHK)、『週刊朝日』など、数多くのマスコミに取り上げられた画期的な新技術で、あなたも安心・確実に治る!アメリカでは200万件突破、タイガー・ウッズやブラッド・ピットも視力を回復し、話題沸騰。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「レーシック」という史上最高の新技術(0.1以下の視力が1.0に回復する!/タイガー・ウッズの快進撃はここから始まった ほか)/第2章 メガネにしますか?レーシックにしますか?(レーシックに適する人、適さない人/両眼を同時に二十分で手術できる ほか)/第3章 こうして手術は行われる(レーシックで近視が治るしくみ/専門のコンサルティング・スタッフが納得いくまで説明 ほか)/第4章 あっ、本当に治った!(「遠くが見えるという九十九パーセントの満足」?中島常幸氏/「メガネをかけずにゴルフをやりたかった!」?堀威夫氏 ほか)/第5章 レーシックがあなたの人生を変える(四十代で受けても遅くない/あなたの「決心」が生活を一変させる! ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)坪田一男(ツボタカズオ)1955年、東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業。アメリカの医師免許も取得し、アメリカのハーバード大学にて角膜の専門医となる。現在は東京歯科大学市川総合病院眼科教授。専門はドライアイと角膜移植および近視手術で、日本全国から治療を希望する事が訪れている。1992年より近視手術を始め、眼科専門医による近視手術の普及につとめている。テレビ、新聞、雑誌などにも順多く登場し、積極的に医療情報の開示につとめている。著書に『「ごきげん」だから、うまくいく!』(小社刊)、『ごきげんな視力』(ごま書房)、『移植医療の最新科学』(講談社)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサードリンク

関連エントリー

レーシック(Lasik)・近視手術・視力回復などについてTop >  レーシック関連書籍 >  近視は「新技術(レーシック)」で20分で治る!